賃貸物件の内見には天気の良い日が良いと言われていますが、雨の日の内見の方が物件のことが良く分かりおすすめです。

賃貸探しを始める時期はいつくらい?
賃貸探しを始める時期はいつくらい?

賃貸物件の内見は雨の日がおすすめ

賃貸物件の内見にはお天気の日が良いと言われています。日当たりが良く分かるからだと思いますが、雨の日の内見の方がよりおすすめです。雨の日が良い理由は二つあります。まず、不動産会社はお天気が悪いとお客様も少ないので空いていますからいつもよりじっくりと部屋探しをすることができることが多いです。お店が混んでいると接客してもらうのに待ち時間があったり、実際の内見も他のお客様がいたりして、あわただしいこともありますが雨の日ではじっくりとお部屋も見ることができます。

次におすすめの理由としては、雨の日の物件のことが良く分かるということがあります。例えば共用部分に関しては雨でエントランスが滑りやすいとか、階段が雨でぬれてしまい上り下りが大変ですとか、ポストがぬれてしまうなどということが分かります。室内については、屋根に当たる雨の音がすごく響くとか、ベランダに雨が吹き込んでくるとか、玄関を開けるとすぐ雨にぬれてしまうなどということが分かるのです。

雨の日は日当たりわからないのでしょうか。日当たりが良ければ雨の日でも室内は思ったよりも明るいものですのである程度の日当たりは見ればわかります。また、雨の日でも良いと思った物件に絞り込んでから、お天気の日に再度確認の内見をすれば良いのです。

比べてお得!

Copyright (C)2017賃貸探しを始める時期はいつくらい?.All rights reserved.