賃貸物件を契約する際に必要な初期費用である敷金について、その概要と交渉テクニックなどについて説明いたします

賃貸探しを始める時期はいつくらい?
賃貸探しを始める時期はいつくらい?

賃貸物件の敷金について

賃貸物件を契約する際には大家さんに支払う初期費用として、礼金と敷金があります。ここでは敷金についての概要と、敷金と礼金の交渉テクニックについて説明いたします。まず、礼金とは、大家さんに住まいを貸していただくお礼としての意味合いで大家さんに支払うお金であり、退去時には返ってこない属性のものです。それに対して敷金とは、借主が住んでいる間に内装や設備に不注意で損傷させた場合の、復旧費用として大家さんに預けておくお金となります。

もし、借主の不注意で床のフローリングが傷つき、その傷が普通に生活している範囲でついた傷でない場合は借主の責任となるので、預けている敷金の中からその復旧費用を差し引いた金額が、退去時に帰ってくるのです。敷金と礼金の値段交渉テクニックとしては、礼金を0円にして、その分を敷金に充てることを提案することです。大家さんの立場としては、返す必要のない礼金で初回費用をもらった方が得ですが、最近の賃貸物件は数が余っているため、入居者がなかなか集まらないため、何とかして契約して欲しいという心理が働いています。ですので礼金を設定していても、最悪は交渉されることを想定して多少の値引きを覚悟しているため、その心理をうまく利用して、礼金分は敷金として預けることを提案するのです。

あとは賃貸で住み始めて、住んでいる最中に不注意で内装を損傷しないように心掛けておくことで、退去時に丸々敷金を返してもらえれば、最初の礼金は丸々不要にできるということです。このように敷金と礼金の性質をうまく利用して、賃貸物件にかかる初期費用を節約しましょう。

比べてお得!

Copyright (C)2017賃貸探しを始める時期はいつくらい?.All rights reserved.