アパートなどの賃貸物件を借りる側を借り主、物件を貸す側を大家と言います。大家の仕事内容について書きました。

賃貸探しを始める時期はいつくらい?
賃貸探しを始める時期はいつくらい?

賃貸物件の家主である大家の仕事とは。

アパートなどの賃貸物件を借りる側を借り主、物件を貸す側を家主、または大家と呼ばれますが考えてみれば大家の仕事ってどんな内容なのか気になりますよね。大家の主な仕事としては色々ありますが、管理費や礼金、家賃を毎月いくらにするか設定し、賃貸物件の借り主を募集して契約を結び、きちんと家賃は支払われているかなどのチェックや借り主がアパートを引き払う際の手続きといった事、収支の書かれている書類を作成し管理するといった事などが挙げられますが、それだけではありません。

借り主がアパートを引き払った後、すぐには次の借り主が見つからない事も考えられます。その場合、空家となり人が住んでいない状態になるため、放置しておくと賃貸物件の老朽化が進みます。そうなると借りたいと思う方はいるのでしょうか。借り手がいつまで経っても見つからない事を防ぐためにも部屋の中を綺麗にしたり建物自体が老朽化している場合には建物自体をリフォームしてその時代に合うよう立て直す事もします。それ以外にも契約書で定められている賃貸物件の更新期間に、借り手に更新するか解約するかを確認し、更新する場合にはその手続きを、解約の場合は退去のための手続きを取り借り手が退去する日に一緒に立ち会って部屋の状況を確認して必要であれば費用を請求するといった事も仕事の内に挙げられます。仕事量は少なくはありませんが仲介などは不動産会社などに依頼できるため、大家の仕事は副業として行っている方も多いです。

比べてお得!

Copyright (C)2017賃貸探しを始める時期はいつくらい?.All rights reserved.