賃貸物件での徒歩何分の表記の定義について。例えば、徒歩10分は、実際、何キロメートル離れているのかについて。

賃貸探しを始める時期はいつくらい?
賃貸探しを始める時期はいつくらい?

賃貸物件での徒歩何分の表記について

賃貸物件でよくあるのは、徒歩何分という表記です。例えば、「徒歩10分」と書いてあったとしてどのくらいの距離なのでしょうか。徒歩1分あたりは、分速80メートルです。これは、成人男性が歩くスピードとほぼ同じです。実際の道路の距離は、徒歩10分なら、10×80。つまり、駅からは800メートル離れていることになります。

この距離、成人男性が歩くスピードと同じのため、女性や子供からすると少し早く感じる場合があります。しかも、これにはからくりがあり、地下鉄の駅だと「駅の入口」までが距離。ホームまで到達する時間は計算には入れていません。地下鉄だと地下に階段で降りる時間、大きな駅だとホームにたどりつく時間は含まれていないです。そのため、駅まで徒歩10分と書いてあったとしても、思ったよりも時間がかかる場合もあります。

そのため、電車を使って通学・通勤をするなら、実際に歩いて時間をはかっておくことをおすすめします。例えば大きな駅なら、西口、東口、どちらを利用した方が通勤に便利かもあるはずです。また、ハイヒールを履いて歩いてみると、道が狭くて歩きにくかったりすることも。実際に歩いたり、時間をはかったりすることで、住んだ後のミスマッチを防ぐことができます。

比べてお得!

Copyright (C)2017賃貸探しを始める時期はいつくらい?.All rights reserved.