猫を飼える賃貸が増えています。賃貸で猫を飼うときはにおいや運動、爪とぎの3点を特に注意しましょう。

賃貸探しを始める時期はいつくらい?
賃貸探しを始める時期はいつくらい?

賃貸で猫を飼う時に気をつけること

賃貸で猫を飼われる方もいらっしゃるでしょう。最近はペットを飼うことができる賃貸が増えています。ペットOKだからと言って、どんなことでも許されるわけではありません。他の住民の方に迷惑をかけないように注意しましょう。まず匂いに気をつけるようにしましょう。猫を飼っている部屋は独特の匂いがします。猫自体は無臭ですが、猫の尿や糞はにおいます。そういったにおいを嫌う人もいるので、十分な注意が必要です。トイレは一定の場所でするようにしつけましょう。部屋の中を絶えず清潔にしていて、猫の匂いが部屋の外に漂っていかないように注意してください。

猫には適度な運動が必要です。外に連れて行って、遊ばせてあげるのが理想ですが賃貸ではそれができない場合が多いでしょう。運動ができないとストレスが溜まって、猫が部屋のものを壊してしまうかもしれません。運動ができるように高さの違う家具を部屋の中に置いてみましょう。キャットタワーを買ってきて、それを使って遊ばせてあげる方法もあります。猫は爪とぎをします。爪とぎで室内のものを傷つけないように十分注意しましょう。爪とぎをする場所を決めて、そこで必ず爪とぎをするようにしつけましょう。ふすまや障子はあらかじめはずしておいた方が良いです。

Copyright (C)2017賃貸探しを始める時期はいつくらい?.All rights reserved.