賃貸物件は敷金礼金の意味が分からないとしっかりとお部屋探しができません。これは暗記して覚えましょう。

賃貸探しを始める時期はいつくらい?
賃貸探しを始める時期はいつくらい?

賃貸物件の敷金礼金は不動産の基礎知識として暗記しよう

敷金礼金は不動産用語ですが、しっかりと暗記しておきたい基礎知識です。これを暗記して覚えておかなければうまく賃貸物件を選ぶことが出来ません。どのような賃貸物件の情報を見る場合でも必ず敷金礼金を目にすることになります。まず敷金から説明しますが、これはいわゆる頭金です。賃貸を借りるときに一定の金額を大家さんに渡します。そして、お部屋を出る時に返してもらいます。どうしてお金を渡すのか、それはお部屋の修理費など何かのためにお金が必要になった時に敷金からお金が使われるからです。

次に礼金ですが、これは大家さんがお部屋を貸してくれた事に対してお礼をするというお金です。何故賃貸を借りて家賃を支払っているのにお礼としてお金を渡すのか疑問に感じる人は多いと思います。これは昔にそうした習慣があって今でも継続されているというだけの話です。この礼金は当然ながら退居時に返してくれません。この敷金と礼金はかなり難しい聞こえがする不動産用語ですが意味は非常に簡単です。

賃貸探しをするときに敷金礼金は絶対に出てくる用語なので、しっかりと暗記しておきましょう。これを理解しておかなければ初期費用が分からないため思わぬ出費がやってきます。

Copyright (C)2017賃貸探しを始める時期はいつくらい?.All rights reserved.